市販シャンプー おすすめ ランキング

今のシャンプーにどんな不満がありますか?

市販シャンプーおすすめランキング
市販シャンプーにはいろいろな種類があります。こんなに種類があるとどれが良いのか迷ってしまいますよね。

 

髪や頭皮の状態は人によって違います。ある人が良いと言っているシャンプーが自分に合うとは限りません。

 

そこで当サイトは目的別におすすめのシャンプーをランキング形式で紹介します。

 

ぜひシャンプーの参考にしてみてください。

 

シャンプーの種類

ドラッグストアに行けばたくさんのシャンプーが並んでいますし、インターネットで検索すると市販されていないシャンプーも数多くヒットします。

 

これだけいろいろあるとどんなシャンプーを選べばいいか分からなくなってしまいますよね。

 

ですが、いろいろなメーカーから発売されているものの、シャンプーの種類は大きく分けると高級アルコール系シャンプー、石鹸シャンプー、アミノ酸系シャンプーの3種類になります。

 

まずドラッグストアでお手頃価格で販売されていて、コマーシャルでも芸能人が起用されているメジャーなシャンプーの多くは高級アルコール系シャンプーです。

 

高級というと髪に良い洗浄成分が使われているイメージになりますが、この「高級」は炭素数が多いという意味です。

 

つまり炭素数が多いアルコールが使われるシャンプーで、泡立ちが良く洗浄力が強いのが特徴になります。

 

洗浄成分の原価も安いので、市販のシャンプーの多くは高級アルコール系なのですね。

 

石鹸シャンプーは、名前の通り石鹸が主成分になっているシャンプーです。

 

石鹸は製造過程で使われる添加物が少ないので髪に良いとも言われますが、石鹸はアルカリ性なので弱酸性の髪の毛とは相性はよくありません。

 

それに、洗浄力が強いため皮脂まで根こそぎ落としてしまいますから、乾燥肌や敏感肌、髪がパサついている方には向いていません。
ただ添加物が少ない分、刺激やダメージも少ないのでオイリー肌の人には向いていると言えるでしょう。

 

また石鹸シャンプーは髪にコシを与える効果があるので、酸性のリンスと中和させてうまく使えば髪を健康にする効果が期待できます。

 

アミノ酸系シャンプーは、現時点で髪や頭皮に一番優しいと言われているアミノ酸系洗浄成分を使っているシャンプーです。

 

薄毛の改善や育毛に効果があるとも言われているので、育毛シャンプーに使われることが多いですね。
ですがアミノ酸系シャンプーは、洗浄力が弱いというデメリットがあります。

 

スタイリング剤などを使っている場合は落としきれないこともあるので、いくら髪や頭皮に優しくてもトラブルの元になってしまいます。

 

と言っても、スタイリング剤は使わず、頭皮も特にオイリーではないという方ならトラブルの予防になるので、自分の髪や頭皮の状態に合わせて使うのであれば問題ありません。

 

このようにシャンプーには種類がありますが、どれが髪に良いかというよりも自分にあっているものを使うのが一番なので、いろいろ試してみるといいでしょう。

 

失敗しないシャンプーの選び方

美しい髪を維持するためにも、美しい髪になるためにもヘアケアは必須ですが、その基礎となるのがシャンプーです。

 

一般的にシャンプーは髪や頭皮の汚れを落とすために使うものと思われているので、成分などはあまり意識しないかもしれません。

 

確かにシャンプーであれば髪や頭皮の汚れを落とすことはできますが、成分によってはダメージを与えたり頭皮に刺激を与えたりします。

 

シャンプーをすると髪を守っている油膜やキューティクルが落ちてしまいますし、頭皮も庇護膜が剥がれてしまうので、ダメージや刺激に対してまるっきり無防備な状態になります。

 

そのため、シャンプー選びを失敗すると、シャンプーをする度に髪を傷めることになるので、美髪のためには正しいシャンプー選びをしなくてはいけません。

 

失敗市内シャンプーの選び方の基本は、添加物ができるだけ入っていないものを選ぶということです。

 

添加物というのは名前を挙げるときりがないぐらいたくさんありますが、石油系合成界面活性剤、着色料、鉱物油、パラベン(防腐剤)、香料が代表的なものになります。
この中でも一番注意しなくてはいけないのが、石油系合成界面活性剤です。

 

石油系合成界面活性剤はドラッグストアでお手頃価格で売られていて、有名タレントさんがコマーシャルに起用されているメジャーなシャンプーのほとんどに使われています。

 

石油系合成界面活性剤というのは洗浄成分の一つですが、泡立ちがよく他の成分とも馴染みやすい性質を持つものの、洗浄力と脱脂力が強いという特徴があります。
皮脂や汗をしっかり落とすのはいいですが、とにかく洗浄力が強いため髪を守る油膜や頭皮を保護する庇護膜に必要な油分まで落としてしまいます。

 

これらの膜が生成されないと、シャンプーに含まれる添加物や紫外線、ドライヤーの熱やスタイリング剤などの刺激をダイレクトに受けてしまうので、髪が傷んでしまいます。

 

ただし、成分で選ぶ時には注意が必要です。
というのも、成分表示には石油系合成界面活性剤と記載されるわけではなく、ラウリル硫酸やラウレス硫酸というように成分名で表記されています。

 

石油系合成界面活性剤の種類は、他にもジメチコンやシリカ、シクロメチコン、ジメチコンクロスポリマーなどたくさんあるので覚えきることも難しいですから、選ぶ時には洗浄成分がアミノ酸となっているか、石油系界面活性剤無添加かを確認してください。

 

ちなみに最近はノンシリコンのシャンプーが人気ですが、シリコンは髪に悪いものではなく保護する膜を作ってくれるので、シリコンではなく石油系合成界面活性座が使われていないものを選びましょう。

 

シャンプーを使う時に注意しておきたい点

髪や頭皮に優しい成分が使われていたり、美容成分が配合されているシャンプーだとしても、使い方を間違ってしまったら美しい髪にはなりません。

 

シャンプーの使い方に正しいや間違いがあるなんて思わないかもしれませんが、実は使う時には注意しなくてはいけないことがあるのです。

 

シャンプーは髪や頭皮の汚れや余分な皮脂を落とすためのものですが、使い方次第では傷めてしまうこともあります。

 

ですので、使う時に注意しなくてはいけないことをしっかり覚えておいて、シャンプーの効果を最大限に活かせる洗い方を実践しましょう。

 

まず、絶対にやってはいけないのが、シャンプーをする時に爪を立ててごしごし洗うことです。

 

確かに毛穴の汚れまでしっかり落とすとなると、細かい部分まで入りそうな爪を使った方が綺麗にできるように思えるかもしれません。

 

それに強いかゆみがあったりすると、爪を立てて洗うのは気持ちがいいですし、さっぱりしたように感じるでしょう。

 

しかし頭皮は思っている以上にデリケートなので、爪を立ててごしごしこすると細かい傷がついたり強い刺激を与えて頭皮にダメージを与えることになります。

 

もちろん1回洗ったぐらいでトラブルが起こる程のダメージを与える訳ではありません。

 

ですがシャンプーは毎日するものですから、こういった洗い方を続けるとダメージはどんどん蓄積していき、最終的にはトラブルが起こってしまいます。

 

頭皮トラブルが起こると、毛根組織の機能が低下して健康な髪の生成が阻害されてしまいますから、細くて弱い、不健康な髪が生えてきます。

 

不健康な髪というのは、一言でいうと傷みやすく切れやすい髪の毛ですから、ぱさぱさでちりちりの到底美しいとは言えない髪になってしまうのです。

 

もう一つの注意点はシャンプーを使い過ぎないことです。

 

これはシャンプーに質に関わらず言えることで、どんな場合でも1日1回というのが鉄則です。

 

皮脂汚れなどは1回のシャンプーで十分に落とせますから、2回以上洗うと髪や頭皮に必要な皮脂まで落としてしまいますし、優しい成分であっても使いすぎは刺激になります。

 

皮脂を落としすぎると、髪を守る働きをする油膜や頭皮を保護する庇護膜がきちんと生成されなくなるため、ダメージを受けやすくなります。

 

明らかに大量の汗をかいたり、土埃などを浴びてしまった場合は2回シャンプーをしてもいいですが、それ以外は1日1回を守りましょう。

 

また、シャンプーの洗浄成分は落ちづらいので、すすぎは念入りにしっかりと、髪だけではなく頭皮につている分もきちんと落とすことも忘れないでください。

 

シャンプーはどのように使うか

 

シャンプーの使い方は人それぞれです。

 

中には髪は毎日シャンプーをつけて洗うと髪を傷めてしまうので1日おきに使うようにしている人もいれば、毎日2回はシャンプーを使う人もいます。

 

とはいえ基本的には1日1回シャンプーを適量つけて洗うようにしている人たちがほとんどではないかと思います。シャンプーで髪を洗うときにはお湯が熱すぎないようにします。

 

熱すぎると髪の油を取ってしまい、それはつやなどがなくなって髪を傷めやすくなることがあるからです。そしてシャンプーは洗った後に髪がどのようになるかということがとても大切で、自分にとって納得のいくような香り、髪がさらさらになっているかどうかとか、そして整えやすい髪の感じになるかどうかが重要なポイントになるのです。

 

主人のシャンプー

 

私はこれまで、あまりシャンプーの良し悪しを感じたことはありませんでした。
うちの主人の髪の毛は元々細く、量も少ないため、まだ20代半ばなのにてっぺんが薄く見えてしまいます。

 

 

それで何か良い方法は無いかと、食事やマッサージなどを提案したりしてはいましたが、全然何も変わりませんでした。
ところが、数か月前にたまたまシャンプーを変えてみたら、髪質にはっきりとした変化が訪れたようです。

 

これまでは、朝にシャワーを浴びて、夜にはペタっとしていたのが、今は夜になってもフカフカフサフサです。

 

 

てっぺんの頭皮はまだうっすら見えますが、それでも量も断然増えてきたように思います。
自分に合うシャンプーを見つけることで、こんなに良い効果が得られるものだとは知りませんでした。 市販シャンプーおすすめランキング